水道工事の基礎知識

水道工事の基礎知識 一般的な家庭においての水道 工事とは、上下水道の新設や増設、またはすでにある水道設備の修理のことを指します。台所やお風呂で使用する水道の引き込み工事、トイレの排水設備の工事など、多岐にわたります。家庭のライフラインのひとつである水道に関することですので、家の水道 工事をしようと考えている人は、慎重に、ほかの家族ともよく相談しながら準備を進めていきましょう。
ここでは、水道 工事をする際の基礎知識として知っておきたいことをまとめました。業者を選ぶ際に利用したい無料見積もりや、依頼の流れについてもご紹介していますので、準備の際の参考にしてみてください。

■自力でできる工事とできない工事がある

手先の器用さに自信がある人は、水道 工事をDIYしようと考えるかもしれません。確かに、簡単な修理であればインターネットで修理の方法を調べて、ホームセンターで材料や工具を調達して実践できる場合もあるでしょう。
しかし、すべての水道 工事が自分でできるわけではありません。中には専門の資格が必要なものもあります。給水管の引き込みや屋内の配管は、資格がないと行ってはいけません。なお、自宅の敷地内の給水管の延長や分岐は、資格が不要で自分でやっても良いとされています。
給水管の引き込みや屋内の配管を行うなら、資格のある専門業者に依頼しましょう。それ以外の場合でも、DIYでは材料や工具を調達する手間もかかります。素人が手を出して失敗するリスクも考えられますので、業者に頼んだ方が無難でしょう。

■業者を選ぶ際に利用したい無料見積もり
業者を選ぶ際に利用したいのが、無料見積もりです。見積もりは、業者が現場を見ることで、修理が必要な場所の不具合の原因を特定したり、あらかじめ必要な材料や道具をそろえておいたりできる点で意味があるため、どの業者も行っています。その見積もりを無料にすることは、気軽に依頼してもらいたいという業者の気持ちの表れであるとともに、お客さんの金銭的負担を軽減するための気配りでもあり、企業努力のたまものであるといえます。
複数の業者に無料見積もりをしてもらい、サービスの内容やスタッフの対応を比較しましょう。対応スピードの速さや手際の良さなどを見て、もっとも信頼できそうだと思える業者に依頼するのが良いでしょう。

■業者への依頼の流れ

業者に依頼する際は、ホームページや広告チラシに記載されている電話番号に電話をかけます。依頼したい内容を電話のオペレーターに詳しく伝えます。
その後、スタッフが見積もりのために最寄りの営業所から自宅に派遣されます。スタッフが現場を確認し、見積もり書を作成します。見積書には施工内容と費用が表記されており、スタッフから内容の説明があります。見積もり書の内容に納得できれば承諾のサインをします。内容に納得できない場合は、もちろんサインしなくても大丈夫です。
すべての作業が終わると、見積もり書に記載された料金を支払います。現金での支払いのほか、後払いに対応している業者であれば、クレジットカード決済や後日送られてくる請求書に基づいてコンビニ振り込み、銀行振り込みしたりすることも可能です。

■まとめ
さまざまな水道 工事に対応してきた実績のある大手の業者なら、複雑なケースにも相談に乗ってもらいやすいでしょう。全国各地に営業所があるような大手の業者は、自宅の近くの営業所からすぐにスタッフを派遣することができるため、緊急の修理が必要な場合でもスピーディーに対応してくれて安心感もあります。現金の持ち合わせがないときに助かる後日支払いシステムがある業者も、お客さんのことを第一に考えたサービスが充実している良い業者です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース